新型コロナウイルス感染症の対応について


標記の件につき、日本鍼灸師会より下記の通り通知がありました。


 新型コロナウイルス感染症に係る注意喚起について(第三報)
2020年2月25日付


令和元年12 月に中国湖北省周辺で発生した新型コロナウイルス感染症は急激な勢いで感染者数が増加し、海外にも広がっています。国内では指定感染症に指定され、WHOは緊急事態宣言を出して対策が取られていますが、現時点ではまだ感染が拡大する傾向にあります。学会やイベントの中止も日本全国各地で報告され、一般の医療機関でも感染例や疑い例が受診する可能性を考慮せざるを得ない段階に入っています。
したがって感染拡大期に入ることも十分考慮し、発熱や呼吸器症状を発症して鍼灸院等を来院した患者については、院内での感染対策が徹底されるよう貴会会員へ周知をお願いします。また「新型コロナウイルス感染症に対する対応と院内感染対策」を添付します。
なお、当該感染症におきましては情報収集を継続中であり、新たな対応を行う場合には別途お知らせします。


※対応については下記リンクをクリックしてください。

新型コロナウイルス感染症の対応と院内感染対策